いつのまに!?バボラのピュアコントロールが2014年に復活!

シェアする

最近のバボラのNEWラケットはピュアストライク(PURE STRIKE)が話題となっておりましたが、その影に隠れて(?)いつのまにか希代の名器が復活しておりました!
その名も「ピュアコントロール(PURE CONTROL)」です。

PURECONTROL2014

スポンサーリンク

ピュアコントロールとは?

最近テニスを始めた方には聞き覚えのない名称だと思いますが、ピュアコントロールはかつてバボラ使用者の中でも特に上級者に大人気であったラケットです。
特徴としては、コントロール性の良さ、フレームの柔らかさ、ボールの食いつき感、柔らかい打球感と

どちらかと言えばフレームは薄めでトップライトな設計です。こういう面から見ても初級者よりも中上級者向けと言えるでしょう。

新しく搭載された機能は「フレックス・カーボン(FLEX CARBON)」だそうです。ラケットのメイン素材であるカーボン繊維の密度を下げることでフレームの柔軟性が高まり、インパクト時のボールとの接触時間が増加することでより正確なボールコントロールが可能となるそうです。
カーボン繊維の密度をあえて下げるというのが面白いですね。昨今の風潮だとカーボンの密度を上げてガチガチの面安定性を高める方向性とは逆ですからね。

発表されているスペックは下記のとおりです。

★PURE CONTROL

  • 面サイズ:98インチ
  • 重量:295g
  • バランス:325mm
  • ストリングパターン:16*20
  • フレーム厚:21mm

★PURE CONTROL TOUR

  • 面サイズ:98
  • 重量:320g
  • バランス:310mm
  • ストリングパターン:16*20
  • フレーム厚:21mm

★PURE CONTROL 95

  • 面サイズ:95
  • 重量:320g
  • バランス:305mm
  • ストリングパターン:18*20
  • フレーム厚:19mm

ご覧いただければわかると思いますが、最上位機種とも言えるPURE CONTROL95は鬼ですね(笑)
相当な上級競技者の方でないと使いこなせないスペックかと思われます。

最も楽なスペックであるPURE CONTROLであればスクール中級の方くらいから十分扱えると思います。
昨今の粗いストリングパターンの分厚いラケットでスピンぐりぐりパワー勝負というよりもタッチを重視してコントロール勝負という方におすすめできると思います。

いずれにせよ一度打ってみてからではないと正確なことはわかりませんので試打することができたらまた感想を述べたいと思います。