試合中、突然フォアハンドが上手く打てなくなった時の5つの対処法

シェアする

テニスの試合で一番多く打つショットはフォアハンドストロークだと思います。
おそらくこれが安定しないとポイントも取れないですし、ラリーも続きませんから試合の楽しさも半減ではないでしょうか。

ところがこのフォアハンドストロークとは実に厄介なショットです。ある意味テニスの中で一番使う機会が多いのに一番難しいショットと言ってもいいでしょう。

なぜ難しいのかというと理由はいろいろあるのですが、その理由を突き詰めていったところで上手く打てる近道にはなりません。原因を知ることが良い結果に結び つくとは限らないからです。ですのでフォアハンドがなぜ難しいショットなのかという理由は別の機会にお話したいと思います。
 

スポンサーリンク

フォアハンドが突然安定する5つのコツ

いつもながら前置きが長くなってしまいましたが、今日はほんの少し意識を変えるだけでフォアハンドが突然安定する5つのコツをお話します。
 
テニス雑誌やDVD等でもフォアハンド特集はよく紹介されていますが、試合中に突然フォアハンドストロークが入らなくなってどうしていいかわからなくなってしまう。そんな経験のある方は私だけでは無いと思います。
 
そこで、その中で即効性があり、かつ試みるのが容易なコツを厳選しました。
 
それではフォアハンド安定のための5つのコツをご紹介します!

1.テイクバックを小さくしつつスイング軌道は下から上を意識する

こ れはテイクバックを小さくすることで大振りを防ぎアウトを減らします。

しかしそれだけではボールに勢いが乗らずネットにかかってしまいます。そこでスイン グ軌道を若干上から下に意識することでボールの軌道も山なりとなりネットエラーになる確率を減らします。

注意しないといけないのはこれらは片方だけを意識 してはダメです。2つは同時にやらないと効果がありませんのでご注意ください。

2.インパクト後に肘を前方に伸ばす

現代テニスはストロー クはスピンやドライブが主流です。そのためボールを前に押し出すようなスイングは良しとされていません。

しかしフォアハンドが不調になった時にスピンばか りを意識すると深さや長さのコントロールが難しくなります。そこで前方に押し出すスイングを意識することで弾道が安定し、深さと高さのコントロールがスピ ン一辺倒のスイングよりも容易になります。

文章を読むだけだとイマイチピンと来ないかもしれませんが、ぜひ一度実際にコートで試してみてください。

3.とにかくテイクバックを早く

プ ロの試合などではテイクバックをそれほど早く行っていないように見えますが、あれはプロのボールスピードはアマチュアに比べ格段に速いからです。

私達アマ チュアテニスプレーヤーは自分がボールを打つときには0.01秒でも余裕があったほうがいいに決まってます。

特に試合でフォアハンドが不調になった時こそ 早く準備することで気持ちにゆとりができ落ち着いてボールを見て打つことができます。

4.打点に目線を残す(イメージはフェデラー)

試合の緊張感で足が止まってしまっている時などに起こりがちなのが体の軸が不安定になってしまうことです。

実はボールをよく見ることがで意識せずとも体軸が安定します。同時にボールをよく見ることも意識され、インパクトでのミスも減ります。

文章で読むと本当に効果があるのか半信半疑になるかと思いますが、ぜひ一度試してみてください。即効果を感じられます。

5.フィニッシュ(フォロースルー)を常に同じ位置にする

フォ アハンドが不安定なときに起こりがちなのが、フィニッシュがいろんな形になってしまっていることです。

フォロースルーが腰だったり肩だったり首だったりバ ギーホイップ風だったりと。

そこでスクールの球出し練習などでボールを打つ時に自分が最も自然に打った場合のフォロースルーを思い出し、とりあえずどんな ボールが来てもそのフィニッシュになることを意識しましょう。そうすることでスイング軌道が安定します。

~最後に番外編(当たり前な基本)~

コツとは言えないテニスの基本動作です。これができてないと上記のコツも効果が半減してしまいます。

それはもちろん「スプリットステップをきっちりやる」ことです。これがしっかりできていないとボールに対する初動(反応)が遅れてしまいますから。
テニスはとにかく時間の無いスポーツです。相手が打ったボールはすぐに自分のコートに飛んできます。ですから0.01秒でも余裕はあったほうがいいのです。

 
以上、アマチュア目線からの即効性のあるフォアハンド改善法でした。まずはこの中のどれか一つでも実際のコートで試してみてください。

驚異のフォアハンドストローク