WilsonのSラケにはハイブリッドが最適なのか!?

シェアする

今月のWilsonWebマガジンですが、とても興味深い特集をやっていました。

スピンラケット(通称:Sラケ)に、4種類のガットのセッティングを試し、ボール速度・回転量を比較するという実験です。

Sラケとは?
スピン・エフェクト・テクノロジー搭載ラケットのこと。スナップバックに着目し、横糸の本数を縦糸より少なくし、効率よくスピンを発生させるメカニズム。ウイルソンが特許を持っているテクノロジー。BURN 100S CVでは、ストリングのズレ幅が3.3倍増となり、ストリングスが戻る速度も69%UP。結果、回転量が10%UPしている。
 今回の実験では、異なる性別・テニス技術の7名の人達で、4種類のガットの張り方でボールを打ち、打ったボールのスピン量とスピードを計測するというものです。
スポンサーリンク

 4種類のガットの組み合わせで実験

ガットのセッティングは、下記の4種類になります。
  1. 全てナイロン
  2. 縦ナイロン×横ポリのハイブリッド
  3. 縦ポリ×横ナイロンのハイブリッド
  4. 全てポリ

使用するラケットはBURN 100S CV です。

  • フェイス面積: 100インチ
  • 長さ 27インチ
  • 重さ: 300g
  • バランス: 32cm
  • フレーム厚: 23-25-23mm
  • ストリング・パターン: 18×16

ハイブリッドで使用するガットは、今年4月発売予定のDUO CONTROLというガットです。

ポリは4G ROUGH、ナイロンはNXT CONTROLの組み合わせです。

結果は意外にも…

そして気になる実験結果ですが、詳しい内容はWilsonのWebマガジンを見ていただくとして、特徴的な内容をまとめます。

  • 回転数では7人中6人が縦ナイロン・横ポリの組み合わせが最も高かった。
  • ボール速度は7人中3人がオールポリが最も速く、2人がオールナイロンの組み合わせが速かった。
  • 回転数+ボール速度の効率では7人中4人が縦ナイロン・横ポリの組み合わせが最も高く、オールナイロンとオールポリが最も高かったのはそれぞれ1名ずつ。

特に興味深いのが、大学体育会出身者で、スイング速度が速い20代男性の結果です。

縦×横 回転数 ①最高回転を
100とした
場合の割合
ボール
速度
②最高回転を
100とした
場合の割合
回転+ボール
速度の
効率(①+②)
ナイロン
×
ナイロン
2 2,130 96.7% 1 116.1 100.0% 1 197%
ナイロン
×
ポリ
1 2,202 100.0% 2 110.6 95.3% 2 195%
ポリ
×
ナイロン
3 1,979 89.9% 3 110.5 95.2% 3 185%
ポリ
×
ポリ
4 1,803 81.9% 4 109.4 94.2% 4 176%
最高値-最低値 399 6.7

おそらく、7人の中では最もポリが適していると思われる人なのですが、オールナイロンが最も適しているという結果に…

まとめ

この結果を見る限りでは、アマチュア選手はオールポリを使うメリットはそれほどないということがわかります。

もちろん、それぞれ技術や筋力の異なる人の実験結果ですし、使うラケットや張り上げのテンションなどによっても結果は変わってくるとは思います。

しかし、ご自身の日頃テニスをしていて上達の実感をあまり感じられず、ガットを変えてみようかと考えている方であれば、今回の結果は大いに参考になると思います。

特にWilsonのSラケを使っている方であれば、今回最も結果が優秀だった縦ナイロン+横ポリを試してみる価値はあると言えるでしょう。

また、Sラケを使っていない方でもこの7人の中で、今の自分に最も近い人物の結果を参考にするのもいいでしょう。

WilsonWebマガジンでは定期的にこのように面白い企画をやってくれているので今後も楽しみです。

余談ですが、実験で使用したラケットBURN 100S CVには限定モデルのブラックエディションが出ています。

雑誌で見た時はなんか地味だなと思ったのですが、先日お店で実物を見るとそのカッコよさに驚きました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする